伊吹のラーメンは今板橋で食べられる

伊吹というにぼしをふんだんに使ったラーメンが練馬区の西大泉という場所にあった。

駐車場もなく駅から遠い場所にあったのだが、たまに通る場所ということもあって一度ぶらりと寄ってみた。

今ではカップラーメンが出るほど知名度の高い大人気の行列店であるが、当時は行けばすぐに座れるラーメン屋であった。

やたらと体の大きな店主、店内に流れるレゲエミュージック、店内にかおる強烈なにぼしのニオイ、かつて味わったことのない濃さのにぼしスープ、そのどれもが斬新だった。

異質。

まさにそんなラーメン屋だった。

だけどね、ぼくははまった。

にぼし系のスープはあまり好きではなかったけど、伊吹のふりきった煮干しの濃度は、ぼくをにぼし系ラーメンのファンにした。

かための細麺もパンチの効いたスープに負けず、その上にもられた玉ねぎがまたよくそのスープにあった。

(その後何人かを伊吹に連れていったが、みな口をそろえて玉ねぎがうまいと言っていた)

そんなある日伊吹は移転した。

ご近所トラブルだったそうだ。

多くの客が車を近くのコンビニにとめたから

近所の店舗のやっかみ

強烈な煮干しのニオイ

さまざまな憶測が飛んでいた。

結局二度の移転を余儀なくされ、今では板橋で営業を続けているという。

またあの強烈なスープを味わいに行こう。jメール 新潟